(2013年6月15日 改訂)
(名  称)
第1条 本会を水曜会と名付ける.
(目  的)
第2条 
本会は資源,エネルギー,環境および材料に関する学問,技術並びに経済の発展に寄与し,会員相互の親睦をはかることを目的とする.
(会  員)
第3条 会員を分けて正会員と学生会員とする.
第4条 正会員は以下の各項のいずれかに該当する者とする.
1 別表1に掲げる学科,専攻または講座を卒業あるいは修了した者.
2 別表2に掲げる別表1の学科等の後身である講座または分野において学部教育あるいは大学院教育を受けて卒業あるいは修了した者.
3 前項の講座または分野の教員および元教官並びに元教員.
第5条 学生会員は別表2に掲げるコース,講座または分野に在籍する学部学生とする.
(役  員)
第6条 
本会には以下の役員を選出する.任期は1年とし,重任を妨げない.ただし,幹事は2年とし,重任を妨げない.
会長    1名
副会長   若干名
会計監事  2名
編集委員長 1名
幹事    若干名
第7条 
会長は本会を総括し,本会を代表する.会長は役員会の推薦により水曜会総会において承認する.副会長以下の役員は別途に定める細則により会長が指名する.副会長は会長に事故のあった場合,その職務を代行する.会計監事のうち1人は財務の管理,他は会計の監査を行う,編集委員長は別途に定める細則にもとづき会誌の編集を行う.幹事は会誌の編集,広告,名簿,行事およびその他について,会長,副会長,会計監事および編集委員長を補佐し,会務を,別途に定める細則にもとづき処理する.
(総  会)
第8条 総会は毎年1回開催する.
(役 員 会)
第9条 役員は,役員会を構成し,本会の重要事項の審議を行う.
(事  業)
第10条 本会は会誌「水曜会誌」および「水曜会名簿」を発行する.
第11条 本会はその他本会の目的を達成するに必要な事業を行う.
(経  費)
第12条 本会の経費は別途に定める会費,寄付金その他の収入により支弁する.
(会則変更)
第13条 本会の会則は役員会の議を経て,総会の議決により変更することができる.
第14条 第13条の規定によらず,別表1,2※および細則は役員会の議決により変更することができる.
(付  則)
1. この会則は平成25年6月15日から施行する.
2. 従前の会則による既会員は従前の会則に基づく会員資格を有するものとする.
(改訂 2013年 6月15日)
(改訂 2011年12月15日)
(改訂 2001年 6月16日)
 
別表1 水曜会講座等一覧(その1:旧学科,旧専攻等)2001年現在
学 部 工学部 採鉱冶金学科,鉱山学科,資源工学科,冶金学科,金属加工学科,金属系学科
大学院 工学研究科 鉱山学専攻,冶金学専攻,金属加工学専攻,資源工学専攻, 環境地球工学専攻資源循環工学講座


別表2 水曜会講座等一覧 2014年現在
学 部 工学部 地球工学科 資源工学コース 全講座・分野
物理工学科 材料科学コース 全講座・分野
エネルギー応用工学コース エネルギー社会工学分野
材料プロセス科学分野
プロセス熱化学分野
エネルギー応用基礎学分野
大学院 工学研究科 社会基盤工学専攻 応用地球物理学分野
地殻開発工学分野
計測評価工学分野
都市社会工学専攻 環境資源システム工学分野
地殻環境工学講座
材料工学専攻 全講座・分野
エネルギー科学研究科 エネルギー社会・環境科学専攻 エネルギー社会工学分野
エネルギー応用科学専攻 資源エネルギーシステム学分野
資源エネルギープロセス学分野
ミネラルプロセシング分野
材料プロセス科学分野
プロセス熱化学分野
エネルギー応用基礎学分野
エネルギー基礎科学専攻 量子エネルギープロセス分野

 

(1971年10月改正)
1. 方針
(1)総説,解説,資料,摘録などの記事に重点をおくよう努力する.
(2)同窓会的な記事(会員消息,教室ニュース等)は,最近の活動状況などの紹介をする.
(3)総説,原論文その他について,教室外会員の投稿,寄稿を促進するように努力する.
2.編集委員会
(1)1の方針を具体化する細目を検討し,実務を行うため編集委員会を設ける.
(2)編集委員会は会誌の編集・企画に専心する.
(3)委員の総数は18名以内とし,内在教室会員は6名程度とする.
(4)委員会内に委員長1名,幹事2名をおき,これらの役員は委員間で互選する.
(5)委員の選出については専門分野,地域および年齢を考慮して編集委員会が次期委員候補者を推薦し,会長の決裁を経て会長が委嘱する.
(6)委員の任期は2カ年とし,毎年半数の委員を改選する.ただし重任はさまたげない.
 
(2014年7月14日改正)
1. 正会員は、年間3,000円の会費を納入する。
2. 上記細則1. は平成27年度から適用し、平成26年度の会費は、2,000円とする。
3. 学生会員は、学部在学中に5,000円の会費を納入する。
4. 上記細則3. は平成24年度入学生から適用し、平成23年度以前入学生の学生会員は、無料とする。
5. 1回生在学時に水曜会関連同窓会(物理工学科同好会および水曜会京土会)の会費を納入した学生会員は、会費を既納したものとする。

(2014年7月14日改正)
(2013年 6月15日改正)
(2011年12月 5日改正)
 
(各役員の任務の詳細,役員人選を年代,地方に偏りなく学内外から広く求めるなどの方針を示した細則の作成予定)
 
(現在行われている名簿作成方針および作業手順に基づき作成予定)
 
(現在行われている広告募集方針および作業手順に基づき作成予定)
 
(現在行われている年間行事,特に総会の開催場所,無報酬役員分担などの見直しを含む規定および作業手順などの細則の作成予定)